仏壇を購入して安置しましょう

仏壇を購入したら家の中に置きますが、基本的にはどの方角に置いても大丈夫です。でも昔から仏壇の向きには諸説あると言われています。まずは南面北座説です。これは南に向けて、北を背にして安置する考え方です。この向きなら直射日光が当たることもないですし、風通りもとても良いです。だから家の中では一番いい場所とされています。次に本山中心説というものがあります。これは仏壇の前に座って礼拝するときに、拝む延長線上に宗派の総本山がある方向に置くことを言います。これは自分の家によって西向きにも東向きにも南向きにもなります。最後に西方浄土説があります。西方浄土は極楽浄土のことです。西方浄土の方向にある西に向かって拝めるように、仏壇を東向きに置きます。自分がどの説を信じるかによって置く向きを決めるといいでしょう。どの説を選んでも大丈夫です。

大きさを考えて仏壇購入をしましょう

仏壇を購入することが決まったら、まずは置く場所を決めます。置く場所も決まったら実際に仏壇を買いにいきしょう。その前に置く場所のサイズを測ることを忘れないようにしましょう。高さや幅、奥行きをきちんと測っておきましょう。仏壇は扉を開くことも多いです。だkら購入のときは扉が開くことも考えて買う必要があります。買った後は家の中に運んでもらうのですが、その時に気を付けなくてはいけないのがちゃんと家の中に入るかという点です。玄関や廊下で入らなくなってしまっては意味がありません。ちゃんと玄関や廊下を通過できるものを買うようにしましょう。昔は家に大きな仏壇を置いている家庭も多かったのですが、最近の流行りは小さなものになっています。もしこれから先引越しをすることになって、今よりも家が狭くなったら小さな方が便利という考えもあります。

お店で仏壇購入しましょう

仏壇を購入するときは、自分でお店まで行って直接目で見て、手で触れて確認してから買うようにしましょう。今はネットショッピングでも買える時代です。ですが、仏壇をネットショッピングで買うのは避けたほうがいいでしょう。ネットで買うと安い金額設定にしているものも多いです。でも安いものにはそれだけの価値しかありません。ご先祖様を大切にするためにも、それなりのものを購入したほうがいいでしょう。お店に行ったときは、商品の上にほこりが溜まっていないかを確認しましょう。ほこりが溜まっている店はあまり掃除も行き届いていない証拠です。購入後のアフターフォローにも期待はできないでしょう。あとは大幅な値引きをしている店も要注意です。それはただ単に最初の金額設定が高すぎるだけの場合があるからです。値引きに惑わされないようにしましょう。

イベント期間につきましてはお客様のご予算にできるだけ合わせて仏壇をご優待価格で提供する事ができます。 キャンペーン期間につきましては通常の価格が30%?50%でご優待価格で御案内しております。 お客様の部屋に合わせたお仏壇と仏具を選んで専門スタッフがオシャレにコーディネートしています。 仏壇だけではなく、おしゃれな小物の仏具等もご用意しております。 仏壇の購入は種類豊富なこちらへ